個室でできる、カンタン湿気対策!

6月に入りましたね!
この季節は、そう、湿気の季節。カビや洗濯物の臭いも気になるし、シェアハウスでの毎日を快適に過ごすには個室内での湿気対策はやるに越したことはないでしょう。

除湿機を置くのが手っ取り早いですが、スペースをとるしお金がかかるし掃除も大変・・・ということであれば、やはり

カンタン
省スペース
安い

これは絶対条件でしょう。
今回は、私自身が実際にやってみてよかった2つを紹介したいと思います。

まず1つ目、
「水とりぞうさん」を買う!!(ドドーン)

さっそく既製品頼みですが、いや、これ本当にいいです。
べつにドライペットでもドラッグストアに置いてある知らない名前のでもいいんですが、要は押し入れなどに入れておくタンクタイプのもので、中の薬剤が空気中の水分を吸着してくれるやつです。

捨てるときに蓋に穴をあけて水を捨てるという手間はありますが、自分の居室だけ何とかすればいいシェアハウスならそんなに手間でもありません。

これを窓辺や寝具のそば、あとは空気がこもりそうな場所に置いておくだけです。
ネット通販でまとめ買いすれば1つ90円未満で買えますし、結構水を吸ってくれます。おすすめ!!!

そして2つ目、
重曹を置く。

100円均一に売っている小瓶などに掃除用として安く大量に売っている重曹を入れてガーゼなどで蓋をし、輪ゴムで止めればオッケーです。
これを水とりぞうさんと同じように部屋の中の数か所に置くだけ。
しかもこの重曹にスペアミントなどのアロマオイル(精油)を2~3滴たらしておけば夏に活発になる憎きあのGどもを寄せ付けない効果まであります。
下駄箱に置けば防臭効果も!
ただし精油は純度100%のものを使用することと、あまり垂らしすぎると香りというか臭いがものすごいことになります。ほどほどがいいです。

湿気を吸うとサラサラだった重曹がポロポロになってきますので、そうなったら交換のタイミングです。
液体がたまっていくポット型の除湿剤と違って、遠目ではいつ交換なのか見分けづらいのが難点といえば難点ですね。

ただ、この水分を吸った重曹は炒めて水分を飛ばせば再利用もできますし、面倒だからと燃えるごみに捨てれば重曹がゴミ箱内の臭いを吸収してくれるので、夏のごみ臭気対策にもそのまま使えます。
また、油汚れの掃除にも効果を発揮するので、ガスレンジの掃除に使ってから捨てちゃうのもいいですね。

簡単に安く導入できるこの2つの方法、ぜひお試しください!